2008年09月14日

実践!ふんわりアクセルeスタート

昨日の釣行ドライブで、ふんわりアクセルeスタートを意識的にやってみた
エコドライブ10のススメの一つ
考え方は簡単だが、実践はなかなか難しい

そーっと踏んでも、ぐいっと踏んでも、エンジンの吹き上がりは変わらない感じなのだ

私の車は、スズキエブリー(正式にはキャリー?)660cc、5MT、1BoxCarだ
4WDなのだが、4WDに切り替わらず、多分FFでいつも走っているのだと思う

昨日は、体重65kgくらいが2人で乗っていた
いつもは、3,4人乗って走っている
釣りの道具は一人20kgくらいか
当然(笑)帰りは一人30kgくたいになる(釣った魚+海水)
その代わり、行きのクルマには、ボート用のガソリンが20kg(22L)くらい
以上、ざっくり搭載重量は300kgくらいになるわけだ

搭載重量を長々書いたのは、クルマの馬力に比べて、搭載重量、車体重量が大きく、アクセルをどれだけ踏み込んでも急加速しないということだ

アクセルを踏み込むが、回転数は上がらない(吹き上がらない)スピードはゆっくりとジワジワ上がっていく
そういった状況では、ガソリンの消費量はどうなっているのだろうか?

もう一つ、言っておかねば理解できないかもしれない
私の運転は他でも書いたかもしれないが、少々他の人と違う

先ず、2速発進
そして、4速、5速にUPする
1速発進の場合、3速、5速にUPする

これは雪国の雪道走行の操作方法なのだ
タイヤから道路に伝わる力がやんわりとなるように運転しないと雪道ではスリップするからだ

さて、私の運転方法はエコドライブなのでしょうか?
専門家の方!教えてくださーい




posted by dragon88 at 07:45| Comment(0) | エコドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。