2008年09月26日

石油会社のエコドライブ推進状況

●日本石油(ENEOS)

環境対応に関するエネルギー政策/目標達成計画の現況/現在取り組まれている対策/その他の対策

自動車走行時の省エネ対策として、エコドライブやアイドリングストップ機能を有する車の普及も図られている。
また、物流の効率化やモーダルシフト(自動車から鉄道などエネルギー原単位の優れた輸送手段への代替)が実施されている。
今後の改善策として、交通需要マネージメント(TDM)や高度道路交通システム(ITS)(情報通信技術活用によるシステム)の検討、開発がされている。

と第三者的な評論を述べているだけのようです

●コスモ石油

チームマイナス6%に参加し、エコドライブステッカーを準備しているだけのようです

●昭和シェル石油

鈴鹿サーキットにて開催された、スピードではなく燃費を競うエコドライブコンテストに協賛しました。

●キグナス石油

エコドライブに直接関与するものはみあたりませんでしたが、
バイオETBEを配合した「バイオガソリン」の試験販売を、セルフ竜ヶ崎(茨城県龍ヶ崎市)にて開始し、エコドライブと同じ目的の活動はされているようです。

●出光興産

燃費向上率8.4%は、実証走行実験で出た結果です
エンジンオイルを変える、たったそれだけのことで、節約になるのです。これは簡単だと思いませんか
とのことです。エンジンオイルのCMのようにも聞こえますが・・・

以上、私が調べた範囲では、石油会社は自動車会社ほどエコドライブの推進は積極的でないように感じました。


ラベル:エコドライブ
posted by dragon88 at 14:20| Comment(0) | エコドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。