2008年10月22日

NHKクローズアップ現代「シリーズ日本の“技術力”を活(い)かせ(1)電気自動車」

日本の技術力より、電気自動車の最新情報を知りたくて見てしまいました。
「20〜30年後にはガソリン車は衰退し、主役は電気自動車に交替している。
苦境でも電気自動車開発の手は緩めない」と力説する日産のゴーン社長
のコマーシャルの色が強い感じもあったが、ゴーン社長の予測は当たっているだろう。

日本の産業界をリードしてきた自動車産業
これが今や苦境に立たされている
原油高なら未だ良い。
化石燃料のガソリンが供給できなくなる日が来るのだ。

電気というエネルギーには、原子力という頼りがいのある大黒柱がある
ウランが枯渇するころには、他の惑星、恒星から得ることができるだろう

エコドライブの目的とするガソリンの節約
ガソリンを使わない電気自動車
電気自動車も使わない交通システム、都市整備、地産地消

さて、そう言った地球環境問題から話はそれるが、NHKクローズアップ現代の
「電気自動車は、ガソリン車に比べて構造がシンプルなため、
シリコンバレーのベンチャー企業や中国の企業など
従来の大手自動車メーカーとは異なる新しい勢力が次々に参入、追撃を受けている」
は面白かった

「トヨタ」という、とんでもない「ガリバー」も永遠のものではないのですね
やはりこれからは、原子力のウランを求めて、宇宙産業に人類はチカラを入れるべきだと思うのですが・・・

そういえば、三井物産がカナダのウラン資源開発会社、ウラニウムワン社からオーストラリアの6つのウラン鉱区の権益を取得し、ウ社と共同開発を進めることで合意したそうです。

流石ですね 三井物産


ラベル:電気自動車
posted by dragon88 at 11:47| Comment(0) | 電気自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。