2009年05月17日

電気自動車各社の動き

日産
2010年秋から、追浜向上(神奈川県横須賀市)で年間5万台を生産し2012年には量産体制に入ると・・・
リチウムイオン電池はNECと共同出資したオートモーティブエナジーサプライで生産するという

三菱
クリーンディーゼル車「パジェロ」を2010年に投入しエコカー減税を狙う

※しかし、エコカー減税は、地球環境にやさしいのだろうか?長い目でみてそうなのかもしれないが、まだ乗れる自動車を乗り換えするのは、廃棄物を増やすだけじゃないだろうか?

しばらくぶりに、電気自動車関係のニュースを眺めてみた。
第三次ブームと言いながら、なんとなく動きが鈍い感じがする。
自動車会社は、業界自体の生き残りをかけて電気自動車EVやハイブリッドカーHVを一生懸命にやっているのだろうが、
ガソリン価格が下がり、高速道路1000円となり、国民は今持っている車でガンガン走りまくっている。
いや、走ろうにも大渋滞でガソリンを撒き散らかしただけとか(笑い・・・いや、怒)
政府も国民も何を考えてるのでしょうかね?エコドライブしたり、電気自動車に乗り換えるのは、地球環境を思ってではなく、お金の問題だったのか・・・

一方、今、自転車がブームのようですね
Yahooのトップページの広告でも自転車の広告をよく見かけるようになりました。

前にも書いたかもしれませんが、定額給付金の代わりに、一世帯に一台、電気自転車(電動アシスト自転車)を現物支給すれば良かったんだと思います。バッテリの大量生産が必要になり、量産効果で技術面、価格面での問題が一機に解決し、電気自動車普及に繋がったと思います。政府はお金の使い方を知らないのだと思います。


ラベル:電気自動車
posted by dragon88 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。