2009年07月06日

静かな電気自動車

「接近に気づかずヒヤリとした」といった声がメーカーに多く寄せられており、事故の原因となるとの懸念も高まっている

委員会では、静音性を原因とする事故はこれまで確認できていない

・・・だそうですね

歩行者が、「気味が悪い」だけだと私は思いますが、いかがでしょうか?

自動ドアがひとりでに開いたり、閉まったり
介護ロボットが静に後ろに回り、身体を支える(身体に障る)
こっちの方が、気味が悪いですね

電気自動車の場合、事故の責任は全面的に、運転手側にあるのだから、運転手が歩行者を認識できていれば、静に近づくことは安全上なんの問題もないと思います。

それとも、歩行者が近づく電気自動車を避けて、事故の責任の一部を背負ってくれるのでしょうか?

とは考えますが、
今の時代の技術なら、人に(物体)に接近したら、人に警告音を出すことは可能でしょう。
そうすれば、責任問題は置いておいて、事故を少しでも予防できるかもしれませんね。

さて、もう一つ、思っていること

急速充電のインフラを整える施策よりも、
バッテリをカセット式にして、夜間電力で満充電したバッテリを回し使いしてはどうだろうか?

結構な重量だろうから、装着装置は必要になるだろうが、
原子力発電のエネルギーは夜間は余っている状態。
夜間だけ発電量(出力)を落とすことができない原子力だからしようがない
原子力は安全の問題を除けば、クリーンエネルギー

これで、タダ同然のクリーンエネルギーで電気自動車は走れる
充電時間(装着時間)は、今のガソリン給油より速いくらいだろう


ラベル:電気自動車
posted by dragon88 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。