2010年08月31日

スパイクタイヤ法

スパイクタイヤ法によって、現在、スパイクをはいている自動車は全くと言っていい程、なくなりました。

これによって、大気汚染は軽減したのでしょうか。

現在は、スタッドレスタイヤが主流になっていますが、スパイクタイヤよりはスリップする確率が高く、危険性も高くなっています。

色々な改良で、スリップに強いスタッドレスタイヤが開発されてはいますが、やはりスパイクタイヤには適わないようです。

スタッドレスも、アスファルトを削ります。

スパイクよりも削る量は少ないかもしれませんが、これだけ自動車が増える一方では、同じではないかという気がします。

車社会では仕方の無い事ではありますが、歩ける距離や自転車で行ける程度の距離ならば、自動車は使わないのがいいですね。
posted by dragon88 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

エコな運転の仕方

最近のエコブームで、自動車の運転もエコを心掛けている方もいらっしゃるかと思います。

車の運転をエコにするには、色々な方法があります。
燃費の良い自動車を選ぶのも一つの方法ですが、現在、乗っている自動車の運転でエコを考えてみましょう。

エコな運転をするには、無駄な空ぶかしをしない事です。
そして、発進する時には静かに発進しましょう。
最初の5秒で時速20キロメートルが目安だそうですよ。

また、加減速を頻繁に行わない事もエコな運転になりますし、燃費も良くなるようです。
使わない余分な荷物を積みっぱなしにしておく事も、燃費が悪くなり排気ガスの排出量を増やす事になります。

他にも、ちょっとした工夫や注意で、エコな運転が出来ます。
皆で、エコな運転を考えてみましょう。

ラベル:運転の仕方
posted by dragon88 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | エコドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

エコ 電気自動車

電気自動車は、その名の通り、電気で走ります。
車に搭載した電池によって電機モーターを駆動する、
排気ガスを出さないクリーンな自動車です。

電気自動車は、基本的に電池で走行する電池自動車を指します。
電池自動車には、発電所から送られる電線を介しての電機の供給を行う二次電池車が一般的です。

同じく、太陽電池のソーラーカーや燃料電池を搭載する燃料電池自動車がありますが、
二次電池と併用しなければならないようです。

早く一般化して欲しいのですが、それには色々な問題を抱えているようです。

しかし、ガソリン高騰の昨今、ガソリンに替わる動力として、期待が集まっています。
空気が汚れないし、ガソリンも使わなくていいので、エコには最適の自動車ですね。
ラベル:電気自動車 エコ
posted by dragon88 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

ソーラーカー

ソーラーカーは、太陽光をエネルギーに替え、それを動力として走行する自動車を言います。
太陽からのエネルギーですから、自然をそのまま利用した技術と言えますね。

ソーラーカーのシステムは、太陽エネルギーを太陽電池に蓄え、
それによって発電しモーターを動かします。

こんなに環境にも優しい自動車が、何故直ぐに実用化しないのでしょうか。

ソーラーカーは、自然に優しくガソリンを必要としないエコ車ですが、
欠点も多く、太陽の位置や時間、天候などに左右されます。

天候が曇りや雨の場合、日光が遮られ出力不足になる為、
太陽電池やモーター以外に蓄電池も必要になります。

また、太陽電池を車に搭載した場合、かなりの面積を取る事になり
、実用化は難しいようですね。


posted by dragon88 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

車のボディの軽量化

車のボディは、軽ければ軽いほど、燃料消費が少なくなります。
その為、省エネ対策の車は、ボディが軽量化されています。

車両重量が100kg 減少すれば約1km/l程、燃費が良くなると言われます。

現在の車のボディは、かなり薄く、安全性を重視した設計になっています。
技術的な難しい事は分かりませんが、
フレーム部分の金属はアルミ合金や樹脂を使用しています。

ただ、それだけでは強度が足りないのですが、
フレームを形成する時の技術で、強度が驚異的にアップするという事です。

各自動車メーカーも、技術の向上に伴い、
今では環境に配慮された車を製造しています。

運輸部門では、自家用自動車が、一番二酸化炭素排出量が多いそうです。
燃費が良くなれば、二酸化炭素排出量も減りますし、
家計の経費節減やエコにもなります。
ラベル:軽量化
posted by dragon88 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

アイドリングストップ

アイドリングストップとは、
無駄なアイドリングをやめよう、という意味です。

アイドリングストップは、かなり以前から言われてきた事ですが、
特に最近では環境破壊に繋がるとして、徹底される傾向にあります。

アイドリングストップを実行すると、エコになります。
省エネ効果抜群の方法ですから、より多くの人に実行して欲しいと思います。

アイドリングストップをすると、燃費が向上します。
また、燃料の節約は、二酸化炭素の軽減になります。

マツダでは、「i-stop」というアイドリングストップのシステムを開発し、
搭載しています。

他にも、ハイブリッドカーが、各自動車会社で販売されています。

小さな事かもしれませんが、アイドリングストップは、
環境を護り、経済的にも有効な手段と言えますね。

posted by dragon88 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | エコドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

エコタイヤ

最近、エコタイヤという言葉をよく耳にします。
このエコタイヤとは、一体、どういうものなのかを調べてみました。

エコタイヤは、二酸化炭素の削減に効果があります。
何故なら、エコタイヤは、走行中の抵抗を減らし、燃費を向上させます。
その結果、二酸化炭素が減少する、という訳です。
また、タイヤの素材そのものも考えられ、石油原料を極力、減らしています。

しかし、エコタイヤで燃費が良くなる事はあまりない、という意見もあります。
それよりも、燃費の良い車を運転するほうが効果があるという事です。

どちらにしろ、低燃費は、二酸化炭素を減らすには重要な事ですから、各自動車メーカーに頑張ってもらうしかありません。
電気自動車の開発も進んでいますが、まだまだ、一般的になるには遠いような気もします。


ラベル:エコタイヤ
posted by dragon88 at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

電動バイク

本でバイクメーカーの大手であるホンダとヤマハが、電動バイクを今年市場に投入すると発表されましたね〜

原付自転車を作った本田宗一郎さんのホンダが、これまで何をしていたんだろうと思いますが、過去にも電動バイクに挑戦し撤退してたようですね。

今回は、時代の背景が後押しして大丈夫でしょう・・・

新聞配達のバイクの騒音がなくなるのはありがたいことです。
まあ、毎朝、その音に慣れてしまうと、それほど気にならないのも現実ですが・・・
posted by dragon88 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 電動バイク・自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

国際環境フォーラムでのお話し(1)


金沢で有った国際環境フォーラムに行ってきました。

たくさんのお話しがありましたが、先ずはこのブログのテーマの電気自動車の話し。

現在、8億台の自動車が地球上を走ってるそうです。
中国はこのまま、生活水準が先進国に追いつくと、中国だけで8億台の新しい自動車が走ることになるそうです。

この中国の8億台が、化石燃料で走るガソリン車となると、地球は...
それで、なにがなんでも電気自動車でなければならないわけです。

これから、ガソリンスタンドを増やしていく中国ならば、充電施設を増やすのは、先進国よりは進め易いのも不幸中の幸いだと思います。

電気自動車の課題は、バッテリ技術と、充電施設などインフラ整備ですから...

しかし、一方、黙って、8億台の自動車の新しい普及を見ていて良いのでしょうか?

すでに失敗を経験している先進国は、同じ道を中国に辿らせて良いのでしょうか?

以前にも、このブログで書いたと思いますが、中国では今、電気バイクが普及しています。

そもそも、自転車で移動していた国です。
4人、5人乗りの自動車での移動は確率的に行き過ぎであり、独り乗りの自動二輪で十分です。

また、安全は第一ではありますが、バッテリが上がって会議に遅刻しても良いではありませんか?

先進国のように、1分1秒刻みで事業や生活をしなくても良いではありませんか?

いつも言うように、信号なんて無くても良いではありませんか?
中国では、横断歩道で人身事故を起こしたら、車が悪いのではなく、人間も悪いことになるそうですね...

posted by dragon88 at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 電気自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際環境フォーラム 2010/1/29

金沢で有った国際環境フォーラムに行ってきました。

たくさんのお話しがありましたが、先ずはこのブログのテーマの電気自動車の話し。

現在、8億台の自動車が地球上を走ってるそうです。
中国はこのまま、生活水準が先進国に追いつくと、中国だけで8億台の新しい自動車が走ることになるそうです。

この中国の8億台が、化石燃料で走るガソリン車となると、地球は...
それで、なにがなんでも電気自動車でなければならないわけです。

これから、ガソリンスタンドを増やしていく中国ならば、充電施設を増やすのは、先進国よりは進め易いのも不幸中の幸いだと思います。

電気自動車の課題は、バッテリ技術と、充電施設などインフラ整備ですから...

しかし、一方、黙って、8億台の自動車の新しい普及を見ていて良いのでしょうか?

すでに失敗を経験している先進国は、同じ道を中国に辿らせて良いのでしょうか?

以前にも、このブログで書いたと思いますが、中国では今、電気バイクが普及しています。

そもそも、自転車で移動していた国です。
4人、5人乗りの自動車での移動は確率的に行き過ぎであり、独り乗りの自動二輪で十分です。

また、安全は第一ではありますが、バッテリが上がって会議に遅刻しても良いではありませんか?

先進国のように、1分1秒刻みで事業や生活をしなくても良いではありませんか?

いつも言うように、信号なんて無くても良いではありませんか?
中国では、横断歩道で人身事故を起こしたら、車が悪いのではなく、人間も悪いことになるそうですね...

posted by dragon88 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。