2009年02月13日

ホンダが、(新)燃料電池車

ホンダが新燃料電池車を2015年に市場投入すると発表しましたね
昨年リース発売された燃料電池車は、一般消費者には全く手の届かないもの
今度は手が届くように、コストダウンに力を入れてくれるそうです。
期待しましょう!

期待するのは、下心がある
家庭用燃料電池(エネファーム)も同時進行で価格が下がることになるからだ
エネファームの興味を持つのは、地産地消の考え方と同じで、エネルギーの運搬ロスがないことだ

しかし、自動車にしろ、家庭電力にしろ、「燃料」は引っかかる
また、結局は化石燃料を使うのだろうか?

不勉強なので、WiKiで見ると、

燃料電池は、乾電池などの一次電池や鉛蓄電池などの二次電池とは異なり、
水素などの燃料と酸素などの酸化剤を供給し続けることで継続的に電力を取り出すことができる化学電池である。

熱機関を用いる通常の発電システムと異なり、
化学エネルギーから電気エネルギーへの変換途上で熱エネルギーや運動エネルギーという形態を経ないため、
熱機関特有のカルノー効率に依存しないことから発電効率が高い。

また、システム規模の大小にあまり影響されず、騒音や振動も少ない。
そのため、ノートパソコン、携帯電話などの携帯機器から、
自動車、鉄道、民生用・産業用コジェネレーション、発電所、軍事まで
多様な用途・規模をカバーするエネルギー源として期待されている。

燃料電池には様々な燃料が用いられるが、
主として水の電気分解の逆反応である 2H2 + O2 → 2H2O によって電力を取り出す場合が多い。

用いられる電気化学反応、電解質の種類などによって燃料電池は幾つかのタイプに分けられる。
なかでも固体高分子形燃料電池は室温動作が可能かつ小型軽量化が可能であるため、
携帯機器、燃料電池自動車などへの応用が期待されている。

欧州のキャンピングカーにおいて、メタノールを使用したものや、
液化石油ガス (LPG) を使用するものが、今後数年の間に採用される模様。

やっぱり、化石燃料なんだ。。。

ただ、
『電気エネルギーへの変換途上で熱エネルギーや運動エネルギーという形態を経ない』
ことがポイントで、効率は良いようですね

原子力発電の夜間エネルギーをベースとした電気自動車
そのの航続距離を伸ばすハイブリッドカーとして、燃料電池自動車は有力ですね


ラベル:燃料電池車
posted by dragon88 at 19:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 電気自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

酔っ払い運転でエコドライブ検定

やばいタイトルですね。
おまわりさん!
このブログ見ないでね。

Nissannのエコドライブ検定 やってみました。
でも、もう結構、飲んでいる。
メガトロンにもなっている。

さて開始!
択一問題かあ...
読むのも辛いが、頑張って10問目までいった(偉い)

結果、8問(80点)

むー

100点取れると思ったのに...

ガソリンも灯油も安くなりました。

先週は、リッター94円で入れてきました。

下手すれば、一時の半額ですね!

どうなっているのでしょうか?
仕入れをして販売をしてるはず

在庫があるのに、周りの店と歩調を合わせて、上げたり下げたり。
価格が下がったとき、在庫を多くかかえていたスタンドは安くできないはず。
在庫が少なかったところも、直ぐには安くできないはず。

それが何故か、リアルタイムに売価を変動させる。
わからん ガソリン商売が。。。

まあ、昔から、斉藤道三が油を売っていたときから(ちょっと古いか)
油屋は、ハッタリの世界なんだろう。

もっと言えば、経済なんて、多くの人間が楽観的な気持ちか、悲観的な気持ちか
気持ちの持ち方が、決める世界なんだよな。

要は、理学、工学ではもちろん無く、まして経済学でもない、心理学の世界なのだ!

みんな幸せになりたければ、現物主義で物々交換の経済にもどるべきだあー

みんなで、米作って、野菜作って、魚獲って、ゆっくり楽しく暮らそうぜ!

すみません

今日は、本音だけがでました(反省なら猿でもできる...お猿さんに失礼な台詞ですねー)

ラベル:エコドライブ
posted by dragon88 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | エコドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

電気自動車、燃料電池車

「気は持ちよう」だと思う
昨年から急激に突入した不況のことです。
地球に隕石が落ちてきて大きな気象変動が起きたわけでもないのに、何故不況になるのか

気持ちの問題です
車が売れないという人間の不安が生産計画をマイナス方向に変えてしまい
そのことが雪なだれ現象を起こしているだけだ

食料を自給し、エネルギーを自給しておれば、怖いものはないはずではないか?
石油の無い日本は、電気自動車や燃料電池自動車が実用化するまで、
エコドライブなどでガソリン車でなんとか凌ぐべきだ。

地産地消という言葉が、少し前から耳にするようになったが、30年も前から提言されている。
解釈は変わり、拡大解釈されてきたのだが、生産されたところで消費するのがエネルギー効率が良いと言うことだ。

そうなると、自動車は要らない。道路も要らない。
それらを造る労働力はすべて一次産業(農業、漁業)に投入すれば良い
もっと言えば、貨幣も要らない。
物々交換で良いのだ。

田舎でのんびり畑を作り、魚を獲って暮らしませんか
エコドライブを心がける前に、乗らずに済む生活をしませんか...

先日見たNHKクローズアップ現代
ノルウェーと日本の漁業の差
漁獲規制の違いで、まだ小さい魚を乱獲する日本
そして、安い日本の魚は輸出し、ノルウェイの高い魚を輸入する日本
輸出、輸入には運搬に石油が使われているのだ

食料自給率とエネルギー自給率を上げることが日本(経済)建て直しの最優先課題ですよアソウさん!
ラベル:電気自動車
posted by dragon88 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

エコカー免税!ばんざい!

良かったですねー
重量税だけでなく、取得税も免税ですね
これは吉報だあ

私が注目しているのは、軽4の電気自動車です
車体取得価格300万円ですから、15万円が初期費用として助かることになりますね
(本当は450万で150万が補助される。補助の150万にも取得税をかけてきたら、
22万5千円助かるのですが、そう甘くはないでしょう)


さらに、重量税が毎年、タダ!
毎年、7200円が浮きます。

新車だけでは、無いみたいですね
エコなクルマは色々とメリットを出すべし!
と公明党が頑張ったみたいですね

既存のクルマも、エコ基準(難しくなるから記述を避けます)を満たせば、
色々な減税がなされるようです

さて、もう一つの話題
いよいよ、電気充電スタンドが現実化しだすようですね

------
 昭和シェル石油は今月3日、神奈川県内のGSに急速充電設備を設置することを決めた。
GSへの設置は全国初で、今年度内に県内2カ所に配置する予定。
ガソリンなど石油需要の減少が進む中、GSの新たな収益モデルの構築に向け、電気の供給にも取り組む。
------

急速充電は、5分、10分でできるようです
そのための、ガソリンスタンド(いや電力スタンド)は、1台1000万円の投資をしてるようです
ヒエーっ!

充電料金は幾らになるのでしょう?
心配です
どのニュースもそれに触れてないみたいです

でも、5分で40km、10分で60km走れる充電は現実的ですね

以上、インフラの整備はスタートしそうですね
でも、バッテリのコストダウン(車体価格の引き下げ)が課題ですね

ニワトリとタマゴなんですが、欧米に先駆けて、電気自動車を普及させれば
価格も下がり、さらに普及します。

そうすれば、日本に市場だけでなく、世界の自動車市場を制覇できる
結果、日本経済は世界の不況を救う

と思います(ちょっと言い過ぎました)
ラベル:電気自動車
posted by dragon88 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

エコドライブ!電気自転車

今回は、
電動自転車(自動車でない)、
ホンダのエコロジカル・ドライブ・アシスト・システム
の話題です

1.内灘町(金沢市)で電動自転車 これぞエコドライブ

金沢市内灘町は、電動自転車5台購入しエコドライブを開始した。
内灘町は、砂丘地が広がり町内は急坂が多い
そこで、電動補助機能を備えた自転車を採用した
半径2キロ程度の目的地に出かけるときに利用するそうだ

尚、金沢市は、地下鉄が無い
昔、路面電車が走っていたが、かなり昔に廃止された
市営バスもない(観光向けのフラットバスは市営?)
民間会社のバスはあるが・・・市民はクルマに頼る生活をしている

半径2キロなら歩いても良いのではないでしょうか
普通の自転車でも十分ではないでしょうか
(上りは歩き、下りは自転車でスーット)
せめて半径10キロにしてはどうかと・・・

2.エコロジカル・ドライブ・アシスト・システム

このシステム、スピードメータのバックカラーが燃料消費に応じて変わるそうですね
なかなか、判りやすくてGood!です
さらに、エコドライブを上手にやればやるほど、緑の葉っぱの数が増えるそうな
クルマにのりながら、たまごっちのように育てゲームをする感覚ですね
ファミコン、プレステで育ってきた若者の感覚をしっかりつかみ、
運転狼を無理なくエコドライブに誘う心理作戦は素晴らしい!
本当に、ホンダはユニークですね
ジェット機やロボットなど、発想、創造と言ったことを伸び伸びとさせる社風は「ホンダで働きたい!」と思わせますね
太陽電池にもシャープなど先行大手に物怖じせず参入するそうです。
シリコンを使わず、銅やインジウムなどの金属化合物を使うのもユニークです。


posted by dragon88 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | エコドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

ガソリン車に環境税を課し、電気自動車を普及せよ

エコドライブのブログがまた脱線し、電気自動車を環境税の話し
エコドライブの目的が地球環境対策にあるのでご容赦ください・・・さて!

以前、このブログでも書いたと思うが、環境先進国では税制をうまく環境保全を推進する仕組みに取り入れている。
私は好きではないが、我々、人類が築いてきた文化は経済(お金)がベースになっている。
地球環境を保全することは、お金(コスト)には代えられぬことだが、俗物(人間)はお金でしか動かない
だから、税制の仕組みでお金よりも大切な環境を保全するようにしなければいけない

地球温暖化を食い止めるためには、人間の労働力などは湯水のように使って良いと言うことだ
(湯水のように使う・・・という(日本)文化は環境に良くないので言葉としては不適切ですが・・・)

具体的な一例を挙げれば、電気自動車だ
来年、市場に投入される電気自動車の価格は450万円
補助金が150万円でるので、我々消費者の負担は300万円
同じレベル(軽自動車)のガソリン車は150万円
すなわち、ガソリン車に比べて300万円割高の電気自動車の推進に国は半分を補助しようと言うお考えだ

半分は国民のエコロジーに期待し負担してもらう政策と取れる

これでは、環境先進国と雲泥の差だ
ガソリン車より電気自動車の方が安く手に入るように補助金を出すのが正しい政策だ
そのために、言葉は、環境税でも、一般財源でも、地方税でもなんでも良いから増税すれば良い

増税を取り戻したいなら、ガソリン車を止めて電気自動車に乗り換えれば良い

さて、私は以上のように述べたが、一番良いのは、ガソリン車に多額の環境税をかけて、特に新車は買えないくらいにすれば良いと考えている
すると、電気自動車も消費者負担額が300万円と高いので、これもなかなか手がでない

一世帯一台の電気自動車と、あとは自転車で暮らせる社会を作りたいものだ
じいちゃんもおやじ、おふくろも、娘も息子も一台ずつ車を持っている社会は異常だと思う
異常を正常にできるような、社会環境を作り直さなければ・・・
posted by dragon88 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

ギヤニュートラルでクラッチを踏んでエコドライブ

私は、信号で停止に向かうとき、クラッチを踏んでエコドライブしています。
ちょっと微妙なのですが、惰性でゆっくり時間をかけて停まるときの話しで、ブレーキをかけるときの話しではありません。

ブレーキをかけるときは、エコドライブ10のススメでは、エンジンブレーキです。
でも、エンジンブレーキは後手のドライブ法です。

先手のドライブ法はあくまで車間距離をとって、ブレーキをかけないことです。

しかしながら、遠くの信号が赤になって止まらなくてはならなくなったとき、徐々に速度を落とす・・・
と言うより速度が落ちていくわけですが、
できるだけガソリンを使わずに長い距離を走行するのがエネルギーの無駄遣いにならないわけです。

では、どうやって少しでも長く走行するかと言えば、
慣性でそのまま前へ進もうとする車に対する止めようとする負荷を減らすことです。

そのため、
1.ギヤはニュートラル
2.クラッチは踏む
ということになります

特に、四輪駆動車は、かなり効果があるのではないでしょうか?

以上は、ギヤがマニュアル車の場合の話しであり、オートマチック車の話しではありません。
私は、会社ではたまにオートマチック車にも乗りますが、我が家の車は歴代、マニュアル車しか乗ったことがありません。
オートマチック車はマニュアル車に比べ、1割ほど燃費が悪いと言う知識が、マニュアル車を選択してきた理由です。
そのころは地球環境より、節約を考えてのことでしたが・・・

posted by dragon88 at 07:56| Comment(1) | エコドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

竹かごエコカー 電気自動車だそうです

今週のニュースは、「竹かご」エコカーと京都らしいニュースですね。
竹取物語がらみかと思いましたが、ちがうのですね
なんと、京都大学と京都市と、真面目な取り組みのようで感心します。

車体のカバーを竹細工で作ったのは良いのですが、電気自動車で最大の課題となっている「バッテリー」はどうなってるのでしょう?

1回の充電で50Km走れば、市内の観光地を周れる条件にはなりますが、
車体が約60kgとは、バッテリーをどれだけ積んでいるのでしょう?

ネット上で、情報を探しましたが、判りませんでした。

さて、私の釣り仲間と相談していることがあります
長年勤めた会社を定年退職になったとき、どうしようかと

これからの時代は、モノヅクリを大切にしたい
更に、ものを修理して使うことを大切にしたい
と考えてます

私は、壊れたオモチャや電気器具、家具などを修理したいと言い
彼は、竹細工をして行く行くは教えて普及させたいと言ってます

彼の家の裏山は雑木林も多いのですが、立派な竹林もかなりあるから、
材料はタダだ!竹細工で集めた仲間に竹林の間引きなどを手伝わせようと言う企みもあるようですが(笑)

脱線しましたが、竹かごエコカーは、人力車が良いですね(似合ってますね)
セイゼイが、電動自転車みたいに、上り坂を電気モータがアシストする程度で良いのではないでしょうか?

竹かごエコカーの電動自転車との違いは、雨の日も乗れることですね

色々な人が、既成概念にとらわれず、色々とやってみれば、良いものができるでしょう

テレビや新聞も、殺人など暗いニュースばかりやらず、このようなニュースをどんどんやったほうが良いと思います

posted by dragon88 at 13:37| Comment(0) | 電気自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

エコドライブ実践で感じていること

エコドライブのシールをバックウィンドウに貼って「ふんわりアクセルスタート」をやっていると、後続するドライバーはかなりストレスを溜めているようです。

結果、よく追い越しをかけられます
ひどいときには、黄色いセンターラインのところで・・・

だいぶん、アイドリングストップは慣れてきました
交差点の赤信号を遠くに見て、走っている途中でエンジン切ってみました
ブレーキを踏むと3度目にはブレーキが利かない!

ヤバイです!
やはり、エコドライブ10のススメでも言われてますが、
アイドリングストップは停止してからお願いしますよ(汗)

それと、クルマにもよると思いますが、
アイドリングストップ中は、ウィンカー(方向指示器)も点きませんね
右折左折時には、エンジン切れません
特に、信号待ちの車線が一本しかないところでは・・・

夜間のアイドリングストップもだめですね

さて、今週のエコドライブ関連ニュースは、

1.全国初、電気軽自動車を免税へ 神奈川県大和市

神奈川県大和市が電気を動力とする軽自動車に限り、
軽自動車税を来年4月から5年間免除すると発表しました。
右習いで、全国に広まって、少しでも電気自動車が普及して欲しいですね

2.1000キロを無給油、軽油65リットルで走破 日産のクリーンディーゼル車

エコドライブで燃費が15.2が、20.6Km/Lだったそうですね
北海道というエコドライブがしやすく燃費が伸びやすい中での結果でしょうが・・・
それに、排気量2000ccの4WDとは、クルマ自体がエコなイメージがないですね
ラベル:エコドライブ
posted by dragon88 at 12:03| Comment(0) | エコドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

NHKクローズアップ現代「シリーズ日本の“技術力”を活(い)かせ(1)電気自動車」

日本の技術力より、電気自動車の最新情報を知りたくて見てしまいました。
「20〜30年後にはガソリン車は衰退し、主役は電気自動車に交替している。
苦境でも電気自動車開発の手は緩めない」と力説する日産のゴーン社長
のコマーシャルの色が強い感じもあったが、ゴーン社長の予測は当たっているだろう。

日本の産業界をリードしてきた自動車産業
これが今や苦境に立たされている
原油高なら未だ良い。
化石燃料のガソリンが供給できなくなる日が来るのだ。

電気というエネルギーには、原子力という頼りがいのある大黒柱がある
ウランが枯渇するころには、他の惑星、恒星から得ることができるだろう

エコドライブの目的とするガソリンの節約
ガソリンを使わない電気自動車
電気自動車も使わない交通システム、都市整備、地産地消

さて、そう言った地球環境問題から話はそれるが、NHKクローズアップ現代の
「電気自動車は、ガソリン車に比べて構造がシンプルなため、
シリコンバレーのベンチャー企業や中国の企業など
従来の大手自動車メーカーとは異なる新しい勢力が次々に参入、追撃を受けている」
は面白かった

「トヨタ」という、とんでもない「ガリバー」も永遠のものではないのですね
やはりこれからは、原子力のウランを求めて、宇宙産業に人類はチカラを入れるべきだと思うのですが・・・

そういえば、三井物産がカナダのウラン資源開発会社、ウラニウムワン社からオーストラリアの6つのウラン鉱区の権益を取得し、ウ社と共同開発を進めることで合意したそうです。

流石ですね 三井物産
ラベル:電気自動車
posted by dragon88 at 11:47| Comment(0) | 電気自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。