2008年10月16日

エコカー パリサロン

トヨタ自動車の渡辺捷昭社長は
「世界的な経済変動が起こっており、今年は恐らく年間1400万台までいかないだろう」
と一段の悪化を予想した

テレビでも、トヨタの減産計画が大きな社会問題としていた
派遣社員の使い捨てだ
増産のとき、甘い言葉(宿舎の提供など)で雇用しながら、減産となると簡単に切ってしまう
切ってしまえるのだ
即、その派遣社員は宿無しになり、ネットカフェ生活、そしてお金が尽きてホームレスに

パリショー(パリサロン)はさながら“エコカー五輪”の様相をみせたそうな
あくまで、自動車メーカーの目的は「営利」
「営利」であっても良い
エコカー(電気自動車、ハイブリッド)が大量販売され普及し、地球環境がこれ以上壊されなければ・・・

ホンダの福井社長は、ハイブリッドでは世界で最も安い価格(200万円)を宣言し、
独走するトヨタのトヨタの「プリウス」に宣戦布告した。

良い話だ
資本力があるうちに、しっかり競争して量産効果で価格が下がれば更に普及する

日本の電気自動車は、来年秋にはスバル、三菱が販売を開始すると言う
しかし、補助金を貰っても、我々の出すお金は300万円になる
軽自動車だから、ガソリン車の2倍の価格となる
これでは、未だ爆発的な普及は望めないだろう

200万円を切るのには、後3年かかると言う

民間企業におんぶしてないで、公共事業として政府が開発すべきだ
税金の正しい使い道だだと思う
軌道に乗った事業を民営化するのは良いが、こういうライフラインのインフラに関する事業は国が率先してやるべき
posted by dragon88 at 10:45| Comment(0) | 電気自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

金沢エコフェアで電気自動車

富士重工(スバル)はもう一年で電気自動車を市場投入するとのことでした。
会場に行くと、館外で電気自動車が走ってる
流石に音がしない!スーッと発進加速している

館内に入り電気自動車コーナには、
ELiica・・・慶応義塾大学+38社
REVA・・・タケオカ自動車工芸
R1e・・・富士重工+東京電力
iMEV・・・三菱自動車
が並んでいる

残念ながら、諸元など情報の表示が寂しい
係員を捕まえて聞くと、質問に応えれるのは富士重工だけだった
(他社は専任者が来ていなかった)
本気で普及させようとしているのか?意気込みが感じられない

なんとか富士重工の方を捕まえて聞いた

Q:バッテリの耐久性は?
A:10年を目標にしてます。ただし、使用年数とともに航続距離が80%くらいまで落ちるでしょう

Q:充電時間は?
A:8H/100V、4H/200V

Q:1充電での航続距離は?
A:80〜100Km

Q:来年の市場投入価格は?
A:購入者が出すお金は300万円を目標にしてます。
補助金が150万円くらいでますので、それを引いた額です


Q:200万円を切る時期は?
A:2〜3年後

Q:150万円を切る時期は?
A:2014,15年くらい

来年、家内の車を電気自動車にしようと考えたが、来年は諦めた
家内の車の走行距離は一日45kmで月に20日
現在の燃費15km/Lなので月に60L、9000円
月に7000円節約できたとして、年に10万円弱
10年償却として100万円の効果だ
ガソリン車より100万円多く投資できることになる
ガソリン車が100〜150万円くらいだから、やはり200万をきる2〜3年後が現実的という結論になりました。

ラベル:電気自動車
posted by dragon88 at 10:20| Comment(0) | 電気自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

エコタイヤってどうなのだろう

ガソリンを節約できるエコタイヤの現状はどうなっているのだろうか
エコドライブは基本的に、運転方法だが、整備方法も範疇だろう

エコタイヤの狙いは

1.転がり摩擦(?)抵抗を抑える
2.素材を選ぶ

の2点のようだ

1.転がり摩擦(?)抵抗を抑える

これはタイヤの回転を邪魔するものであり、ブレーキをかけながら走っているようなものだ
しかし、ブレーキの利きが悪くなるというジレンマがある

摩擦抵抗を抑える技術は、
・タイヤの内装を薄くする
・重量を軽くする
・コンパウンド(柔らかさ)を改良する
が考えられる

素材については、
・化石資源を減らし化石外資源の比率を高める
ことで、転がり摩擦抵抗も抑えるが、廃棄処分のときのCO2排出量の削減を狙うものだ

最後に各タイヤメーカーの努力の状況を書いておきます
次に買うときは、しっかり考えましょう


<ブリヂストンタイヤ>

新素材「NanoPro-Tech (ナノプロ・テック) 」により「エコピアEP100」は、転がり抵抗を30%低減

<ヨコハマタイヤ>

新素材「DNA dB super E-spec」で「DNAアースワン」は、転がり抵抗を21%低減
この素材は天然ゴムの比率を高めゴムをしなやかにするオイルを配合している

<ダンロップタイヤ>

「エナセーブ97」石油外天然資源比率を97%まで高めた超々エコ製品。転がり抵抗も30%低減

<ミシュランタイヤ>

素材に自然の砂に含まれるシリカを配合し、厳しいユーロッパ基準をクリア

ラベル:燃費
posted by dragon88 at 13:56| Comment(0) | エコドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

石油会社のエコドライブ推進状況

●日本石油(ENEOS)

環境対応に関するエネルギー政策/目標達成計画の現況/現在取り組まれている対策/その他の対策

自動車走行時の省エネ対策として、エコドライブやアイドリングストップ機能を有する車の普及も図られている。
また、物流の効率化やモーダルシフト(自動車から鉄道などエネルギー原単位の優れた輸送手段への代替)が実施されている。
今後の改善策として、交通需要マネージメント(TDM)や高度道路交通システム(ITS)(情報通信技術活用によるシステム)の検討、開発がされている。

と第三者的な評論を述べているだけのようです

●コスモ石油

チームマイナス6%に参加し、エコドライブステッカーを準備しているだけのようです

●昭和シェル石油

鈴鹿サーキットにて開催された、スピードではなく燃費を競うエコドライブコンテストに協賛しました。

●キグナス石油

エコドライブに直接関与するものはみあたりませんでしたが、
バイオETBEを配合した「バイオガソリン」の試験販売を、セルフ竜ヶ崎(茨城県龍ヶ崎市)にて開始し、エコドライブと同じ目的の活動はされているようです。

●出光興産

燃費向上率8.4%は、実証走行実験で出た結果です
エンジンオイルを変える、たったそれだけのことで、節約になるのです。これは簡単だと思いませんか
とのことです。エンジンオイルのCMのようにも聞こえますが・・・

以上、私が調べた範囲では、石油会社は自動車会社ほどエコドライブの推進は積極的でないように感じました。
ラベル:エコドライブ
posted by dragon88 at 14:20| Comment(0) | エコドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

早めのアクセルオフより低速走行

エコドライブ10のススメでは、早めのアクセルオフでエンジンブレーキを推奨してますが、

エンジンブレーキはやはり無駄
もちろん、ブレーキを掛けるのはもっと無駄
ブレーキをかけない運転がベスト

ブレーキを掛けずに済む運転はどうしたら良いのだろう。
先ず、車間距離をとることですよね
そうすれば、マイペースで走れます。

しかし、車間距離をとっていると、すぐ割り込みされて車間距離がなくなりますよね。
なにか良い方法はないのかな
特に、タクシーがヒドイと私は思っています。

突然の停車、左車線への割り込み、渋滞構わない停車
お客さんもタクシーを拾う場所を考えるべきですね。

いっそうのこと、タクシーの流しは禁止にするべきです。
お客様を乗降してよい場所を限定すべきです。

ちょっと、エコドライブから話しがずれました。
しかし、タクシーはエコドライブの目的である地球環境に対して諸悪の根源だと私は思います。


さて話を戻して
次に、遠くを見て運転することですね。

車間距離をとっておけば、前の車をそんなに注意してみている必要はなくなります。
私は特に、遠くの信号を見ています。
昔聞いたことですが、トラックの運転手は3,4台先に走っているクルマを見ていると。
トラックの運転手は総じてベテランです。
しかも、座席が高いので遠くまで見やすい条件にあります。

究極は赤信号を無くすことです。
郊外で意味の無い信号が多くあります。
信号の電気代も無駄です。

また、脱線ですが、わずかな期間で、信号機はLEDに取り替えられました
どこに、それだけの予算があったのでしょう
お金の使い道は他にもあるとおもいます。
posted by dragon88 at 10:40| Comment(0) | エコドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実践!ふんわりアクセルeスタート

昨日の釣行ドライブで、ふんわりアクセルeスタートを意識的にやってみた
エコドライブ10のススメの一つ
考え方は簡単だが、実践はなかなか難しい

そーっと踏んでも、ぐいっと踏んでも、エンジンの吹き上がりは変わらない感じなのだ

私の車は、スズキエブリー(正式にはキャリー?)660cc、5MT、1BoxCarだ
4WDなのだが、4WDに切り替わらず、多分FFでいつも走っているのだと思う

昨日は、体重65kgくらいが2人で乗っていた
いつもは、3,4人乗って走っている
釣りの道具は一人20kgくらいか
当然(笑)帰りは一人30kgくたいになる(釣った魚+海水)
その代わり、行きのクルマには、ボート用のガソリンが20kg(22L)くらい
以上、ざっくり搭載重量は300kgくらいになるわけだ

搭載重量を長々書いたのは、クルマの馬力に比べて、搭載重量、車体重量が大きく、アクセルをどれだけ踏み込んでも急加速しないということだ

アクセルを踏み込むが、回転数は上がらない(吹き上がらない)スピードはゆっくりとジワジワ上がっていく
そういった状況では、ガソリンの消費量はどうなっているのだろうか?

もう一つ、言っておかねば理解できないかもしれない
私の運転は他でも書いたかもしれないが、少々他の人と違う

先ず、2速発進
そして、4速、5速にUPする
1速発進の場合、3速、5速にUPする

これは雪国の雪道走行の操作方法なのだ
タイヤから道路に伝わる力がやんわりとなるように運転しないと雪道ではスリップするからだ

さて、私の運転方法はエコドライブなのでしょうか?
専門家の方!教えてくださーい


posted by dragon88 at 07:45| Comment(0) | エコドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミツビシ、スズキ、JAMA、AllAbout、JAFのエコドライブ

●ミツビシ 次世代ディーゼル車

三菱自動車は、エコドライブから少し外れた話になりますが、
次世代ディーゼルを2009年初め投入
電気自動車(EV)も2009年初め投入

販売価格と寿命(信頼性)が気になりますが、我が家も買おうかな

●スズキ自動車のエコドライブ

(詳しくは、http://www.suzuki.co.jp/dom4/ecodrive/index.html)

燃費だけがエコではありませんね
スズキは、ものを大切にして、少しでも長く乗るために、エンジンオイル、バッテリ液残量の日常点検を呼びかけてますね



●JAMA(日本自動車工業会)

特筆することは書いてないようです
どちらが、ご本家なのか知りませんが、Team−6%と同じ内容しか載っていませんでした。


●AllAbout(JAFの指導のようです)

エンジン回転数を上げない(2000回転未満)こと・・・これが判りやすい!
タコメータの付いてるクルマは感覚を覚えやすいですね
慣れれば、メータを見なくても感覚で走れると思います

走行中はアクセルを軽く踏みっぱなしが良い(これも判りやすい)



●JAF

先ずは、レクーの会員になっちゃいました
ステッカーが欲しかったのですが、
ダイエットと同じで、数字を管理しだすと、人間は単純なので良くしようという意欲がでるものですヨ

運転姿勢で良いことが書いてありました

1.つま先だけでアクセルペダルを踏まないこと
2.かかとは、アクセルペダルの近くにくるようにする
3.踏み込んだとき、靴にシワが寄るのはNG
4.ブレーキペダルを踏み込んでも膝下に余裕が残る
5.深く腰掛けてお尻をシートに密着させる
posted by dragon88 at 07:41| Comment(0) | エコドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ、ニッサン、スバルのエコドライブ

●トヨタ 人、クルマ、環境

サステイナブル・モビリティ」の実現に貢献するためには、
「人、クルマ、交通環境」の三位一体での取り組みが重要と言い、
エコドライブインジケーターの搭載を進めているようです。

高速道路での適正速度は80Km/hだそうです
100Km/hに比べ、10〜30%も違うとのこと
法律で規制してしまえば良いのに・・・少なくとも乗用車は・・・



●ニッサン エコペダル

急加速しようとアクセルを踏み込むと、燃費に悪いレベルだと「重くなる」ようです。
ニッサン(日産)のエンジニアも考えてますね
(でも、スバルの方が2年先を進んでるような話も・・・)

燃費計搭載車種も拡大する予定のようです
減速時、AT車でもDレンジからセカンドへのシフトダウンがエコドライブになります

私も家内もAT車嫌いでMT車なのですが、会社では乗ります。
AT車でもエンジンブレーキと言う発想が欠けてました。
でも、その先に、AT車は1割ほど燃費が悪いはず。
AT車の生産をやめれば良いのではないでしょうか・・・


●スバル

NewLEGACYには、SI−DRIVE,マルチインフォメーションディスプレイなどエコゲージなどに加え、
「Nコントロール機構」AT車で停止状態が一定時間を過ぎるとニュートラルに切り替わる
「シフトアップインジケータ」MT車にはギヤチェンジを促す
が付いているそうです

私的感想ですが、スバルは技術レベルが高いように感じます
ただ、どこのメーカーも同じですが、電子制御技術であり、故障したときの不安を感じます
フェイルセーフで設計されているのでしょうか?

posted by dragon88 at 07:31| Comment(0) | エコドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

ホンダのエコドライブ

ホンダでは、「エコドライブのコツ」と言って、エコドライブ10のススメ以外に、次のことも呼びかけてますね。


1.燃費の良いクルマを選ぶこと。

それには、「燃費基準達成車」マークを参考にする。
2010年燃費基準を「達成」「+5%達成」「+10%達成」「+20%達成」のマークがあるそうです。

車(セダン)新車、買うなら、この時代、燃費最優先ですね


2.ECO(エコ)表示灯

瞬間燃費表示ですが、装備車をどんどん増やしているそうです。

車(セダン)脱線しますが、私の学生時代の卒業研究は「層流型流量計」でした。
ズバリ!瞬間燃費の測定装置を研究してたのですねー(えっへん!)


3.カーナビ

渋滞を避けるシステム「インターナビ」の利用をすすめてますね。

車(セダン)リアルタイムに交通情報を配慮したナビをしてくれるのですね・・・
田舎、郊外の信号機は渋滞の元だと思います
渋滞と言うより、わき道から出てくる自動車が皆無なのに赤信号で停まれ!?
どういう基準で信号機をつけているのでしょうか?



4.ハイブリッド・カー

1)エンジンとモータ上手に活用
2)ブレーキ時の減速エネルギーを利用
3)安全にアイドリングストップする機構
など燃費を向上させる技術が満載しているそうです。



5.使っていないルーフキャリアは勇気をもって外しましょう。

車(セダン)もう、格好付けることを優先する時代ではありませよー



6.上り坂、下り坂

勢いをつけて上り、エンジンブレーキで下る。
即ち、速度を一定に保つのがコツのようです。
上り坂でスピードが落ちてからアクセルを踏み込むのは燃費悪化になると・・・



7.暖気運転

ホンダのクルマは「極寒地など一部の特殊条件」以外は、暖機運転無用と言い切ってますね。


車(セダン)40年前の自動車学校では、暖機運転するように言ってましたが、今の自動車学校ではどのように言っているのでしょう?


posted by dragon88 at 10:52| Comment(0) | エコドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

エコドライブ10のススメ 空気圧、積載減らし、教えてください!あなたのエコドライブ

9.タイヤの空気圧をチェック

タイヤの空気圧が適正値より50kPa(0.5kg/cu)不足すると、市街地で2%程度、郊外で4%程度、それぞれ燃費が悪化する。

☆現在のレギュラーガソリン171円。ガソリン価格高騰で1円でも安いスタンドでセルフで入れる時代。
2%〜4%は3円〜6円に相当する。セルフでガソリンを入れたときは空気も入れるべし。
私の北陸では冬場はスノータイヤ。初冬、スノータイヤに交換しても冬の快晴がよく続く。暖冬でスノータイヤが役立つのは一冬で2,3回という年も。
ワンタッチで交換できるホイールがあれば良いですね。


10.不要な荷物を積まない

100kgの不要な荷物を載せて走ると、3%程度燃費が悪化する。

☆ガソリンも満タンにしないで、こまめに入れてる方は立派です。
物置代わりにするのはやめましょう


-----------------------------------------------------------------

もう一度、言います
エコドライブの前に、自動車に乗らないことです
乗らずに済む社会環境を作ることです

便利さに慣れてしまった私たちは、それほど不便だと思わず生活してきた時代に戻る勇気と堅い意思が無いだけです。

私はみなさんに呼びかけます

あなたのエコドライブテクニックを教えてください
みんなで広めようと

さらに呼びかけます

乗らずに済む社会環境はどうあるべきか?
その社会環境に向けてどのように進めていけばよいか?
を教えてください

このブログにコメントを入れてください
語り合いましょう!
posted by dragon88 at 22:12| Comment(0) | エコドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。